fc2ブログ

荒井会計日記

東京・荒井会計事務所の職員が書く日記です。経済、税務情報などを中心に発信していきます。

金(ゴ-ルド)の魅力と今後の価格の推移と今年を振り返って。(連載6回目:)

今日は大晦日、そして後1時間で新しい年を迎えます。そう後1時間でこの連載の最終章になる。
 今日もアメリカでは「財政の崖」も結論が出ず、議会への議案まとまらず、右往左往の状況である。このまま、新年を迎えれば、アメリカは一気に倒産してしまう。多分、議会では中途半端な議案が提出され、可決されるであろう。
 既にアメリカの財政は破綻しており、現実にアメリカ国民(政治家、資本家そして国民)が理解していないだけで、「財政の崖」等と言う言葉は一つの言い逃れ(言い訳)である。1990年に既にアメリカは財政破綻しており、今回の財政再建案は最初からアメリカ国民が受け入れることが出来ない法案であったのが、まさに現実に直面してしまっただけである。
 「財政の崖」とは、過去に可決された財政再建法案が2013年から実施されるのを、民主党と共和党が互いに、お互いの利権のため、延期したり形骸化したいだけの駆け引きであり、国家財政再建にとって全く無駄な時間の浪費なのだ。
 最終的には財政再建の法案のほとんどは2013年に結論が先延ばされるであろう。要するに上辺の財政再建案として議会を通過可決されるのである。この優柔不断の結論により2013年始めから世界の金融市場は大荒れになる。世界の株価、債権(日米英の国債等)市場及び為替(ドル、円、ポンド)等が暴落する。
 この中で安全資産である貴金属(主に金(ゴールド))そして為替はユーロが高騰するであろう。金は今日現在
1トロオンス1665ドルであるが、2013年中頃までに約2300ドルまでに上昇するであろう。年末までには3000ドルになるであろう。ユーロは今日現在114円であるが、2013年末には250円になるであろう。
 2013年は円とドルは大きく売られ、大幅に値下がりし、最終的には紙くずになるであろう。日米の国家破産が間近に迫っているのでだ。このための生活防衛を年が明けたら早急に初めなければならない。
 世界経済破綻と生活防衛については、連載中の「荒井会計通信」NO1~24に記載されています。ぜひ購読され我々の生活防衛を1日でも早く、生きるための糧を取り敢えず獲得して下さい。
 さて、今年も1年無事で元気で来られたことを感謝し、かつ新しい年の2013年の皆様をはじめ、荒井会計事務所の全員のご多幸を祈年して、荒井会計日記の今年の締めの言葉とさせて頂きます。
 筆者:荒井 昇


   

 

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する